吉野町森林セラピー

 

吉野町森林セラピー公式サイト

 

神仙峡龍門の里コースと吉野宮滝万葉コースの2コースの設定があります。

 

基本的に土、日曜日の週末に催行されてます。

 

募集は4〜15名まで。

 

ガイドさんが丁寧に親切に案内してくれます。

(森林浴、森林散策、呼吸法など)

 

料金にはガイド料、お弁当代、集合場所からコースの出発地点までの送迎代が含まれています。

 

近くの吉野観光もオススメです。


参加したのは吉野宮滝万葉コースです。吉野駅の一つ前の駅=大和上市駅前にある吉野観光案内所が集合場所。到着したら予想外に参加者全員が女性で、しかも年齢も比較的若め、参加者が10名近くいたからかガイドは2名でこちらも女性。ガイドさんによると普段は性別も年齢層も幅広く参加それているそうです。

 

集合場所の観光案内所では簡単な説明を聞いて、血圧を測定します。森林セラピー体験をした後と比べ効果がでているかを確認する為に、もらった紙に測定値を記入します。血圧が高い人は低くなっているか、逆に血圧が低い人は正常値になっているかをチェックします。また、観光案内所では森林セラピー中、手荷物を預かっていただけます。僕たちは吉野に1泊して観光するので荷物が多くとても助かりました。

 

測定後、散策コースの出発地点まで3台のタクシーに分かれて向かいました。乗車時間は15分くらいです。送迎代は料金に含まれています。

 

出発地点には公衆トイレがあるので、そこでトイレを済ませて、準備体操をします。参加者全員で大きな円を作ってみんなで体操です。なんかワクワクしますね。準備体操が終わればいよいよ出発です!

 

ゆっくり歩きながら道中に生えている草木の説明を聞いたり、立ち止まって呼吸法を学んだり、また湧水で手を洗ったり、普段の時間の流れとは全く異なった時間が流れていました。

 

途中鳥のさえずりや虫の音がとっても心地よかったです。いうまでもなく空気もとっても美味しく体が喜んでいるのを感じました。

 

また、おやつ休憩もあって、地元の美味しい和菓子とビワ茶をいただきました。

 

お昼の時間はお弁当が用意されています。食後はのんびりハンモックに寝そべってゆっくり体を休めました。

 

歩くペースは本当にゆっくりなので、初心者の方もご心配なく。また、夏の暑い日でも長袖の服がオススメです。僕は暑かったので半袖の服で歩きましたが、おそらく漆か何かを触ったのか、手がかぶれてしまいました。

 

このセラピーロードはガイドさん達がしっかり案内してくださるので、森林セラピー初心者の方にぴったりだと思います。

 


吉野観光には近鉄吉野駅が起点駅となります。そこから、ケーブルカーが出ているのと、ケーブルカーを降りたところに吉野山駅バス停があり奥千本までバスが運行されています。バスは上の写真のように小さいですが、桜の季節以外の閑散期は混雑することはほとんどないと思います。また桜の季節は臨時バスもたくさん運行されます。

 

僕のおすすめコースはまず奥千本までバスで行き、そこから吉野駅までゆっくり観光しながら歩いていくコースです。道中道沿いに神社やお寺があり、それにちょうど歩き疲れた頃に上千本あたりから吉野駅にむけてレストラン、カフェ、お土産屋さんなどお店がたくさんあるので、それもまた楽しいですよ!

 

吉野山環境協会公式サイト


また、吉野で1泊するのもおすすめです。吉野には歴史ある旅館も複数あります。写真は竹林院群芳園です。こちらの旅館には大和三庭園の一つである美しい庭園を堪能できます。また地元の食材を使った料理も格別でした!

 

竹林院群芳園サイト


吉野で素敵なお店を見つけました。TSUJIMURAという葛菓子のお店で、オシャレないろんな葛菓子や吉野杉で作った割り箸などちょっとした雑貨も販売されてます。そのほかcafe kitonというカフェが併設されていて、葛餅などがいただけます。土、日限定でランチメニューもあるそうです。また、不定期でワークショップも開催されているようです。

 

詳細はTSUJIMURAオフィシャルブログで確認を。

 

その他の情報


吉野は「日本で最も美しい村」連合に認定されています。

「日本で最も美しい村」連合 公式サイト


吉野町では吉野だよりYSN8000〜吉野町8000人の人と暮らし〜というフリーペーパーを発行されています。


吉野は桜がとっても美しいです。この桜を見るために全国から人々がやってきます。桜の時期は大変混み合いますが、一見の価値は十分にあるかと思います。

 

混雑を少しでも避けるために、できれば平日に、そして、早朝に吉野駅に着くようにして下さい。それでも、臨時バス、ロープウェイともに大行列ですが、、、、。

 

お昼以降は町全体が満員電車状態です。それでも、活気があって楽しいんですけどね。

 

また、吉野に一泊するのもいいですね。そしたら、誰よりも早く奥千本に到着できますね。

コメント: 0