旅の裏ワザ

初めて外国に行った時、緊張のあまり本当にドキドキしたのを今でもはっきりと覚えています。それは中国への語学留学で、外国に行くなんて自分では想像もできないことでした。自分では何をすればいいのか何も分からなかったので、高い手数料確か5万円近くも払って、全て手配してもらいました。それでも、一人での海外は恐怖以外の何物でもなかったです。

 

あの時からもう20年近くも経っていますが、この20年間で、イギリスに語学留学したり、世界のいろんな国に旅行したり、航空会社で働いたりと経験を積んできました。

 

特に航空会社で働いている際には、様々なお客様から数々のクレームを頂きました。

 

クレームは最も嫌な仕事です、クレームの電話を受けた場合、膨大な時間を費やすことになりますし、お客様の興奮した言葉を聞くと精神的に追い込まれてしまいます。

 

でも、お客様もまた声の激しさからもわかるように、相当に悲惨な状況にあったのだなあと、それはお客様にとって恐怖であったろうし、クレームをするのもまたかなりの労力を費やすことになると思います。

 

それでも、クレームをしたことによってそれ相応の賠償金を得ることができるなら、まだ納得もいくでしょうが、ほとんどのケースの場合、泣き寝入りとなってしまいます。

 

それは、航空会社はあくまで航空約款の範囲内で対応していれば、無責になりますし、コストを極限まで削っている現状ではお客様の要求通りには賠償できない、それどころか、ますますお金に対して航空会社もシビアになってきています。

 

航空会社の職員からしてみれば、お客様の要望にお答えできればどんなにいいだろうと毎回のように思います。お金で解決できればどんなにラクであろうとも思います。

 

でも、前述した通り、お金にはどんどん厳しくなっており、また財務課は絶対的な権限を持っているので、出さないと決めたものは一切お金が出てこない、現場のスタッフが賠償したくてもできない場面が多々あるのです。

 

そういったことからも、クレームになるような状況を発生しないようにする為に、旅行のプランを立てる段階からお客様自身でも対策を講じる必要があると思います。

 

もちろん、スムーズで快適な旅をできるように努力する義務は航空会社にあるのは言うまでもありません。でも、貴重な時間を無駄にしない為にも自分自身でも前もって心構えをしておくのも大切だと思います。

 

ここでは、そういった考えの人たちのお手伝いができればと、少しずつ今までの経験から得たものを書いていこうと思います。

 

 航空券編

 

 飛行機編

 

 マイレージ編

 

 旅のトラブル対処法

 

 航空会社 旅行会社リンク