ビオホテル

ビオホテルとは(BIO HOTELS JAPANのサイトより抜粋)

 

ビオホテルのビオはオーガニックの意味です。

 

食べ物や飲み物、コスメ(シャンプー・石けん・スキンケア用品)は、すべてBIO。

タオル、ベットリネン類、施設の建材や内装材も可能な限り自然素材の使用をめざし、滞在するゲストの健康や自然環境に配慮した健やかで安らぎのあるホテルが、まさにBIO HOTEL®です。

 

BIO HOTELS JAPAN 公式サイト

http://biohotels.jp

八寿恵荘

日本でビオホテルに認定されているホテルはまだわずかです。今回はその中の日本で初めてビオホテルに認定された長野県にある八寿恵荘に泊まってきました。

 

八寿恵荘公式サイト

https://yasuesou.com

 

JR明科駅から送迎車で約30分、山奥の大自然の中に八寿恵荘はありました。フロントでホテルについての説明を聞いた後、いざお部屋へ。僕らが泊まった部屋は和室です、余計な家具が一切なく広々とした清潔な部屋で、畳のイグサのいい香りがしました。

 

少し休憩した後、楽しみにしていたお風呂「華密恋の湯」へ、このお風呂はカミツレエキスがたっぷり入っていて、とってもいい香りがします。いろんな華密恋のアメニティ(スキンケアシリーズ)も使えますよ。たっぷり使って、自分の体もいい香りに!

 

華密恋の湯でのんびりゆったりくつろいだ後は周辺を散歩しました。八寿恵荘にはテレビがなく、日常の生活の忙しさを忘れさせてくれます。散歩中、少し歩いたところにツリーハウスがあります。トムソーヤの冒険に出てきそう、子供達がいたら喜ぶだろうな。あと、地下の共有スペースにはハンモックがありました。

 

食事はオーガニックの野菜たっぷりの料理が楽しめます。体が喜んでるのが分かりました。

 

それと、八寿恵荘で使われているお布団が本当に心地よく、ぐっすりと眠れました。こんなにたくさん寝たのは大人になってから初めてです。

 

本当に素晴らしく心地よい時間を過ごせました!